×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

屋形船で花見、花火大会を楽しみましょう

屋形船は、とても風情あふれる遊びだとおもいませんか。楽しみましょう。 屋形船には、時代劇みたいななんともいえない風情と魅力がありますね。屋形船から花見、花火大会、そして当然中では宴会を積極的に楽しみましょう。カラオケも出来るものもありますしね。皆さんがとても魅力を感じているとおもいます。非日常の経験が出来ますから。一度体験したらやめられなくなったり、まだ乗ったことはないけど絶対乗ってみたいと思ったりしている方も少なくないはずですね。
屋形船に乗船したい方はコチラ(楽天トラベル)

屋形船は江戸時代に墨田川からはじまりました

屋形船での遊びがはじまったのは江戸時代中期の徳川吉宗が将軍だった位がはじまりです。もともとは江戸の夏の暑さから逃れ、涼を求めて隅田川に出かけたのがはじまりといわれています。江戸時代には、今の道路の代わりに水路がとても発達していました。江戸の町は隅田川を中心に水路により物を運ぶ交通網として利用されていました。そのような時代背景の中で、お金のある商人や大名などが豪華な屋形船をしたてて川遊びをするようになりました。
屋形船に乗船したい方はコチラ(楽天トラベル)

屋形船に乗船したい方はコチラ(楽天トラベル)

江戸時代の豪華な屋形船

屋形船がもっとも盛んだった時代には、金や銀から絵画などまで使用した豪華な装飾したとてもお金をかけた船も登場する程でした。当時の江戸の一般庶民たちの間で、話題になる程です。幕府から禁令が出るほど、豪華であったと言う事です。

屋形船の人気は現在まで続く

江戸時代以降も一般庶民の楽しみとして屋形船は人気を保ち続けました。しかし、戦後、の公害問題で、川が汚染されたために、屋形船の人気にかげりが生じましたが、ここ20年ほど前から観光目的の名所・旧跡ツアー、花火大会の鑑賞を等を旅行会社などが企画し、屋形船を活用した商品を積極的に売り出し、現在では、再び人気を取り戻しています。その人気は、今も衰えていません。

屋形船で花見は高い人気があります

屋形船に乗っていると、夏の夜の川を撫でていく風はなんとも心地よいものです。川から眺める夜景も普段見る光景とは違いますので、格別な味わいがあります。屋形船としてば、以前は夏が主体でしたが、最近では四季を通じて、一年中楽しめるようになっています。特に春の桜の花見はとても人気があります。

屋形船は、貸切でも、乗り合いでもどちらでも楽しめます

屋形船に乗るためには、貸切で乗るか、乗り合いにするかどちらもあります。貸切は文字通りグループで屋形船を貸し切るものです。屋形船は小さいものなら10人乗りのものがありますので、比較的小さなグループでも楽しめます。屋形船の大きさは、一般的には20人前後です。価格は一人1万円から1万5千円程度の予算を見ておくといいです。
乗り合いは一隻の屋形船にいくつかのグループで乗り合わせて楽しむ形です。10人以下などの少人数でも参加できますし、価格も1万円弱と貸切よりもお得の場合が多いです。乗り合いのほうが風情がためのしめる、という意見も多いです。ただ、人数がそろわなければ出航されないために、あまり頻繁に利用することは難しい場合も多いです。
ほとんどの屋形船では、天ぷらと刺身という日本料理が出されるのが基本です。船には厨房がありますので、この厨房で作られてすぐに、お客さんの前に出すのが基本的なやり方です。また、アルコールについては、飲み放題が一般的です。

屋形船を結婚式の披露宴にも利用

最近では、結婚式の披露宴や会社の会議などで利用されることもある程、屋形船の用途も多様化しています。

時代が移っても屋形船の魅力は失われていません

時代は流れて、江戸時代から平成の東京となりました。それにつれて、町並みは大きく変わり、風景もかわりましたが屋形船に魅力を感じる人の心は変わらないようです。まだ屋形船に乗られた経験ない場合は、ぜひ一度味わってみてください。とても楽しめると思います。

屋形船に乗船したい方はコチラ(楽天トラベル)